1. 韮山反射炉から源氏ゆかりの地まで!周遊バス「歴バス のる~ら」で史跡めぐり
Original

韮山反射炉から源氏ゆかりの地まで!周遊バス「歴バス のる~ら」で史跡めぐり

伊豆箱根鉄道の伊豆長岡駅・韮山駅の周辺は、世界遺産の韮山反射炉、源氏ゆかりの史跡などが集まるエリア。各施設をめぐる周遊バス「歴バス のる~ら」が運行(運行日は土日祝を含む指定日)されており、料金は1乗車100円とリーズナブル。各停留所からさまざまな観光スポットをめぐることができるので、周遊バスを利用して、伊豆の国市の歴史散策を楽しもう。

【観光周遊型韮山反射炉循環バス「歴バス のる~ら」】 ●停車バス停 ① 伊豆長岡駅→ ② 韮山反射炉→ ③ 蛭ヶ島公園→ ④ 江川邸→ ⑤ 韮山いちご狩りセンター→ ⑥ 北条の里→ ① 伊豆長岡駅

●運行時刻(全6便。始点から終点まで乗車時間約45分)
伊豆長岡駅発 始発10:15~最終15:10
●運行日
土日、祝日を含む指定日に運行。
詳しくは、 伊豆の国市のホームページを確認。
●乗車運賃
1乗車100円。未就学児無料

バス停②「韮山反射炉」

産業遺産見学後は網焼きランチ&地ビールを堪能

造られた大砲が設置された場所が東京・品川の海上砲台「御台場」、現在の「お台場」という名前の由来

2015年7月に「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録された「韮山反射炉」。反射炉とは、金属を溶かして大砲を鋳造するための施設。内部にあるドーム状の空間で熱と炎を反射させて高温にし、鉄を溶かす仕組み。溶けた鉄を型に流して冷やし、大砲が完成する。実際に大砲を製造した反射炉が、今も国内に現存しているのはここ韮山だけ。操業当時は周辺に関連施設が並ぶ一大工場だった。今も残る連双2基の反射炉から、当時の歴史をしのぶことができる。


韮山反射炉に隣接する複合施設「蔵屋鳴沢」。敷地内に湧く水でクラフトビールを製造する「反射炉ビヤ」、網焼きメニューが楽しめるレストラン「ほむら」、伊豆の国市の名産品や反射炉にちなんだ商品がそろうみやげ館「反射炉物産館たんなん」がある。また、初夏~秋にかけては、茶摘み娘の衣装を着て茶摘み体験も楽しめる。摘みとった茶葉を持ち帰れるほか、手ぬぐいや煎茶のおみやげも付いている。徒歩6分ほどの場所に位置する「コーヒースクウェア ガリオン」は散策のひと休みにぴったり。店主が現地で買い付けたこだわりの豆を自家焙煎したコーヒーや特製のワッフルなどが楽しめる。無料Wi-Fiも利用可能。

国指定史跡 韮山反射炉(最寄りのバス停②)

http://izupass.jp/article/6

蔵屋鳴沢(最寄りのバス停②)

http://izupass.jp/location/detail/4

コーヒースクウェア ガリオン(最寄りのバス停②)

http://izupass.jp/location/detail/312

バス停③「蛭ヶ島公園」停留所

源氏~北条家~江川家 伊豆の国ゆかりの歴史めぐり

平治の乱で敗れ、源頼朝が配流された場所

「蛭ヶ島公園」は、源頼朝が14歳の少年期から挙兵する34歳までの20年間を過ごした地で、現在では田園風景の中で歴史を感じ、学べる公園として整備されている。平家打倒を誓い富士山を望む若き日の頼朝と北条政子の像が建てられている。敷地内には茶屋があり、軽食・喫茶が楽しめ、お茶の無料サービスもある。
ここから徒歩10分のところに「韮山城跡」がある。韮山城は北条早雲が築いた山城。土塁や堀など、戦国時代の姿をとどめている貴重な城跡で、堀の一部とされる池を利用した「城池親水公園」も整備されており、散策も楽しめる。「重要文化財 江川家住宅(江川邸)」まではさらに徒歩5分。


この邸で江川英龍が私塾を開いていたことも

「韮山城跡」の東側に「重要文化財 江川家住宅(江川邸)」がある(バス停④「江川邸」停留所)。韮山反射炉の建造に尽力した、江川英龍(ひでたつ)公の屋敷で、重要文化財に指定され、有料公開されている。江川家は、その歴史を平安時代にまでさかのぼる由緒ある家。江戸時代以降、江川家当主が幕府の代官として伊豆・駿河・甲斐・相良・武蔵の直轄地を治めた。英龍は江川家の36代目。文化人であり、思想家、技術者でもある優れた人物で、詩を作ったり絵を描いたりといった多彩な面も持っていた。日本で初めてパンを焼いたのもこの江川英龍で、江川家に伝わる古文書にはパンの作り方が記されているものもある。もともとは兵士の携行食だったという当時の製法を再現したパンを、こちらで購入することもできる。

蛭ヶ島公園(最寄りのバス停③)

http://izupass.jp/location/detail/297

蛭ヶ島公園茶屋(最寄りのバス停③)

http://izupass.jp/location/detail/26

城池親水公園(最寄りのバス停④)

http://izupass.jp/location/detail/447

重要文化財 江川家住宅(江川邸)(最寄りのバス停④)

http://izupass.jp/location/detail/292

バス停⑥「北条の里」停留所

源氏再興を願った古社寺と富士山ビュースポット

運慶の優れた彫技を今に伝える美しい仏像を拝もう

バス停⑥「北条の里」から徒歩5分のところにある「願成就院」は、1189年に源頼朝の奥州攻めの戦勝祈願のため北条時政が建立した寺院。安置されている運慶作の阿弥陀如来座像、毘沙門天像、不動明王像など計5躯の仏像が、2013年に国宝指定された。北条時政が眠る墓のある境内を含め、裏山を含めた一体が「願成就院跡」として国の史跡に指定されている。


「願成就院」の裏手、守山の中腹にある「守山八幡宮」。647年創建、源氏の守護神・八幡神を祀る社で、1180年に源頼朝が源氏再興を祈願して挙兵したといわれている。毎年10月の例祭には、舞殿で五穀豊穣を願う三番叟が奉納される。
八幡宮から15分ほど登ると守山山頂へ到着。標高は101.8メートルで、ちょっとしたハイキングに最適。山頂には展望台が整備されており、富士山や伊豆の国市の市街地を見渡せる。麓には「守山西公園」が整備されている。

願成就院(最寄りのバス停⑥)

http://izupass.jp/location/detail/443

伊豆の国歴史ガイドの会

休日を中心にボランティアで市内の史跡ガイドを行っている「伊豆の国歴史ガイドの会」。知識の深いガイドから歴史についての詳細な説明をしてもらえることはもちろん、より深みのある史跡めぐりができること間違いなし。申込方法などは公式ホームページをチェック。

伊豆の国歴史ガイドの会

https://www.city.izunokuni.shizuoka.jp/kankou/kanko/rekishiguide.html