1. 深海魚の聖地?! 沼津港の人気スポット「港八十三番地」で駿河湾名物深海魚三昧
Original

深海魚の聖地?! 沼津港の人気スポット「港八十三番地」で駿河湾名物深海魚三昧

最深部2500メートル、日本一深い海・駿河湾。1200種以上の魚が生息していると言われ、近郊の港では深海魚も多く水揚げされる。沼津港近くにある「港八十三番地」は、「駿河湾を味わう町」がコンセプトの複合施設。約900坪の敷地に多彩な飲食店が建ち並び、深海魚を使ったメニューを提供する店も。珍しい見た目にひるむことなく、その味にぜひ挑戦してみよう。魅力にきっとハマるはず。

とらてん

ほくほくの深海魚を揚げたての天ぷらで

新鮮なネタを贅沢に天ぷらで!

漁師町にある居酒屋のような、気軽に立ち寄れる素朴な雰囲気が良い。料理は刺身でも味わえる鮮魚を、おもに天ぷらやお造りで提供。「沼津深海天丼」(1029円)は、メギス、メヒカリなどの深海魚を天ぷらに。さっくり揚げた衣に、ほくほくとした柔らかい身がたまらない。


素朴な雰囲気が親しみやすい

とらてんの人気食材10種以上を富士山のように盛った「豪快富士山丼」(4078円)は、制限時間20分以内に完食すればなんと無料に! 自信のある人はぜひチャレンジしてみて。その他、天ぷらとお造りがセットになった「とらてん定食(雅)」(1598円)、関西風の串カツや車えびの踊り食いも人気。

とらてん

住所:沼津市千本港町83-1 港八十三番地内 TEL:055-951-7242

Donどこ丼(ドンどこどん)

一番おいしい調理法でさまざまな深海魚を提供

見た目のインパクト大! 「名物深海魚丼」

目の前の魚市場で仕入れた新鮮な魚介を提供する『Donどこ丼』は、メディアにもたびたび登場する有名店。「名物深海魚丼(2~3人前)」(2500円)は、8~9種類の深海魚をてんこ盛りにして提供。焼き・揚げ・刺身などの見た目に一瞬ギョッとしてしまうけれど、やさしい味わいの白身が中心なので食べやすい。1人前のレギュラーサイズは1490円。


深海魚以外の海鮮メニューも充実

メヒカリ、地カサゴ、ゲホウ、ドンコなど多くの種類を扱う深海魚は、揚げ物や焼き物、煮物など、最もおいしく食べられる方法で調理。「石焼深海魚丼」(1490円)は、石焼が深海魚の旨みを引き出し、特製の塩ダレが素材のおいしさを引き立てる。そのほか、唐揚げや煮付け、干物などでも味わえる。

Donどこ丼(ドンどこどん)

住所:沼津市千本港町83-1 港八十三番地内 TEL:055-951-8211

Humburger&Cafe 沼津バーガー(ハンバーガーアンドカフェぬまづバーガー)

沼津の地魚を挟んだご当地バーガーをパクリ!

「深海魚バーガー」セットはドリンクとポテトが付いて1100円

ほかでは味わえない魚をメインにしたバーガーを数多く取り揃えるカフェ。「深海魚バーガー」(単品650円)はふっくら柔らかなメギスのフライと特製オーロラソースの相性が抜群。そのほか、金目鯛バーガー、まぐろバーガー、あじフライバーガー、厚切りサーモンバーガー、みしまコロッケバーガー、長泉あしたかつバーガーなどのご当地バーガーが楽しめる。


テイクアウトもOKなので気軽にどうぞ

店内は明るく広々とした爽やかな雰囲気で、ドリンクメニューも充実している。サイドメニューには、すり身にしたイカとタコを揚げた「イカタコナゲット(5ピース)」(380円)が人気。デザートには濃厚でリッチな味わいの「朝霧高原サンデー」(各種380円)もオススメ。

Humburger&Cafe 沼津バーガー(ハンバーガーアンドカフェぬまづバーガー)

住所:沼津市千本港町83-1 港八十三番地内 TEL:055-951-4335