1. 沼津といえばアジ! 丼、寿司、干物……プリプリで脂ののった鮮度抜群のおいしさを堪能
Original

沼津といえばアジ! 丼、寿司、干物……プリプリで脂ののった鮮度抜群のおいしさを堪能

県下最多の水揚げ魚種数を誇る沼津港。駿河湾に生息するさまざまな魚介を楽しめるとあり、港周辺の食堂街は毎日のように観光客で賑わう。なかでも名物は“アジ”で、身の引き締まったプリプリで新鮮な味が楽しめる。内浦港はアジの養殖生産量全国一を誇り、獲れたて〆たての絶品アジが食べられると、注目度上昇中!

かもめ丸(かもめまる)

駿河湾の味覚3大スターが揃いぶみ

鮮度抜群プリプリのアジの身を堪能

「ピチピチ新鮮、安くてウマい」をモットーに、毎朝沼津港で競り落とされた鮮魚をバラエティ豊かに提供。刺身や煮魚、炭火焼きなど、要望に応じて調理してくれる。人気ナンバー1メニューはなんといっても「ぬまづ丼」(1404円)。干物の炊き込みごはんの上に、アジ、しらす、桜えびがたっぷり。きざみネギとしょうがの薬味を醤油と合わせて味わおう。


「本日のおすすめ」より「金目鯛のかぶと煮」

漁師町の雰囲気が漂う、沼津港のメインストリートから一本入った小路にあり、元気なスタッフが迎えてくれる。メニューは昼夜で変わらず、日替わりのおすすめを含めればその数50種以上。囲炉裏のテーブル席の他、掘りごたつの座敷席も完備。

かもめ丸(かもめまる)

住所:沼津市千本港町101 千本一ビル1F TEL:055-952-3639

港食堂(みなとしょくどう)

干物製造会社直営店ならではの価格と味に大満足

アジやサバの干物定食は540円

創業100年を超える干物製造会社直営の食事処。沼津みなと新鮮館内にあり、ガラス張りの窓からはデッキ越しに港を望む。メニューはやはり干物定食が豊富で、価格はなんと540円から! しかも、ごはんと味噌汁はおかわり自由という嬉しさ。1日10食限定の「特上金目鯛干物定食」は1080円。アジのなめろう丼やアジフライなどもある。


各種海鮮丼、刺身、干物、フライなど多彩な料理が揃う

「地元の人たちに喜んでほしい」という想いから、採算度外視で提供。もちろん観光客からも評判で、「港ひつまぶし」(1620円)が人気。まぐろ、ぶり、サーモンなど7種の魚介を盛った丼で、1膳目は海鮮丼、2膳目は特製ネギ味噌を混ぜ、3膳目はお茶漬けとして楽しめる。店頭では干物の販売もあるので、おみやげにぜひ。

港食堂(みなとしょくどう)

住所:沼津市千本港町128-1 沼津みなと新鮮館内 TEL:055-962-2800

沼津内浦漁協直営 いけすや(ぬまづうちうらぎょきょうちょくえいいけすや)

〆たての養殖アジで、安定した味とおいしさを提供

丼にはアジのつみれ汁や漬物が付く

内浦港は、アジの養殖生産量全国一位。湾内の強い海流に揉まれて身が締まったプリプリのアジを、〆たてで食べられるという鮮度の良さが自慢。「いけすや」は、2015年5月に内浦湾目の前にリニューアルオープン。食事のほか、干物や塩辛なども販売する。「活あじ丼」(880円)は、アジ2尾分の切り身とタタキがのっており、最後はダシ汁をかけていただく漁師料理「まご茶漬け」で楽しめる。


売り切れ御免の大人気名物。おみやげ用もある

駿河湾越しに富士山を望む内浦港。周辺には「伊豆・三津シーパラダイス」や「淡島マリンパーク」があるので、おでかけついでに立ち寄りたい。アジと酢飯を天城産のわさび葉でくるんだ、爽やかな風味の棒寿司「活あじのわさび葉寿司」(980円)も人気。

沼津内浦漁協直営 いけすや(ぬまづうちうらぎょきょうちょくえいいけすや)

住所:沼津市内浦小海30-103 TEL:055-943-2223